Home
聖書宣教会 Japan Bible Seminary
聖書神学舎への招き
見学について
見学のご希望はいつでも歓迎いたします。 ご連絡ください。


献身を考えている兄弟姉妹たちへ

将来の働きに備えて神学校での学びを考えておられる方々へ、私たちの神学校を紹介いたします。

「聖書神学舎」は、直接伝道に従事する働き人(伝道者・牧会者・宣教師等)を養成する超教派の神学校で、宗教法人「聖書宣教会」のもとで運営されています。1958年の開校以来、約600名の働き人を内外の諸教会に送り出してきた福音派を代表する神学校のひとつです。卒業生の殆どは、今も宣教の現場でみことばの奉仕に励んでいます。

「聖書神学舎」の教育は、「聖書は誤りなき神のことば」との信仰に固く立ち、宗教改革以来プロテスタント諸教会が大切にしてきた『聖書のみ』の原則を堅持する神学教育です。その養成プログラムの中で、私たちが特に力を入れてきたのは、原典による聖書の学びと祈りの交わりを中心とした訓練です。初代教会の使徒たちも、最優先されるべき奉仕は「祈りとみことばの奉仕」(使徒6:4)であると理解していました。

「聖書神学舎」の訓練は、原則として全寮制による全人的教育を目指しています。聖書を学ぶだけではなく、献身者は祈りと生活を共にすることによって訓練されると信じるからです。毎日の早天祈祷会、授業を挟んでのチャペル、学期毎の「祈りの日」、リトリート等を中心に霊的、実践的訓練を積み重ね、献身者が牧会者、伝道者として整えられていくことを願っています。ただし寮の運営、研修生活は自治が原則です。

今日、日本には多くの神学校があります。献身を考えているお一人一人が、それぞれよく祈り、主の導きに従って決断して行かれることを願っていますが、 みことばに仕えるために、主からの訓練を受け、みことばを真剣に学びたいと願うのでしたら、「聖書神学舎」は、それに応えることができる神学校だと考えております。主がその献身の道を開いて、ふさわしい神学校に導いてくださいますように。